初心者のためのウェブマーケティング入門ブログ

webマーケティングの初心者向けブログです

ブランドセーフティとその解決策-フェイクニュースとの関係-

以前、DSPやGDNなどの、広告を様々なサイトに掲載できるプラットフォームやサービスについて書いたことがありました。

 

 

webma-ke.hatenablog.com

 

 

しかし、このようなサービスなどでは、広告主の知らないところで評判の良くないサイトに広告が表示されてしまう可能性もあるのではないか、という疑問がわいてきました。
具体的には、マンガを無断で掲載していた〇〇村のようなサイトが話題になったことがありますが、そのような評判の悪いサイトに広告が掲載されてしまう可能性を排除できるのかということが気になっていました。

 

調べてみると、このような問題はウェブマーティングにおいて以前からに話題なっているようで、このようなリスクそのものや、リスクにどう対応するのかという問題は、「ブランドセーフティ」と呼ばれているようです。

 

そこで、今回はこのブランドセーフティにかかわる問題について整理していきたいと思います。

 

 

 

1.ブランドセーフティとは

まず、「ブランドセーフティ」の定義について確認します。

ブランドセーフティとは、「広告出稿が原因で企業や製品のブランドイメージを毀損するリスクと、そのリスクにどう対応するかに関すること*1で、先ほどのような問題のあるサイトに広告が掲載されてしまうリスクや、それにどう対応するのかということも、ブランドセーフティという言葉の定義の中に含まれているようです。

 

2.どのような問題があるのか

ブランドセーフティでは、先ほど挙げたような、評判の良くないサイトに広告が表示されることによって、ブランドの価値が低下するという問題があります。

 

それ以外にも、反社会的な組織に資金提供をしてしまう、という重要な問題があるようです。*2

これは、反社会的な組織が運営するサイトに広告が掲載されてしまうことによって、そのような組織に広告費が支払われてしまう、ということで、ブランドセーフティに関心を払わないと、気が付かないうちに反社会勢力に資金提供をしてしまうことにつながりかねないようです。

 

3.解決策はあるのか

解決策としては、広告掲載に関して一定の基準を設けることが挙げられます。

実際に、ほとんどのアドテク企業は、著作権を侵害しているサイトや露骨な暴力表現を扱うサイトなどに広告が出稿されることを防ぐためのフィルターを設けています。*3

このように危険のあるサイトを除外することで、そのようなサイトに広告が掲載されるリスクを減らすことができます。

 

つまり、広告主としては、このようなフィルターなどでブランドセーフティの対策をとっているDSPなどのサービスを選ぶことが解決策といえます。

 

4.ブランドセーフティの新たな問題

しかし、2018年の文献では、ブランドセーフティにおいて、フェイクニュースや、政治的な感情を煽るサイトなどが新しい問題になっていることが挙げられています。

これは以前話題になったSNSなどでのフェイクニュース拡散などのことで、上記のような対策をしても、嘘のニュースを本物のニュースのように配信するサイトなどに広告が掲載されることを指しているようです。

 

フェイクニュースが巧妙に、本物を装っているという状況を加味すると、フィルターなどで完全にシャットアウトするのは難しいように思われ、このような方法で広告費を稼ごうとしているサイトにどう対応していくのかがブランドセーフティの今後の課題といえそうです。

(この仕組みは以前TVでも放送されていた「フェイクニュース工場」の収入源が広告収入であることを考えると分かりやすいと思います。)

gendai.ismedia.jp

*1:

https://webtan.impress.co.jp/g/ブランドセーフティ

*2:水野由多加. "[研究ノート] アド・テクノロジーが社会問題である場合についての覚書 (2)."関西大学社会学部紀要, 49(2): 227-259(2018).

*3:同上