初心者のためのウェブマーケティング入門ブログ

webマーケティングの初心者向けブログです

大学広報の方必見!大学のオウンドメディア活用法

今回は、日本経済新聞2018年12月26日27面「大学編集サイト 関心誘う」から、大学のオウンドメディア活用法を紹介します。

1.記事の概要

大学がオウンドメディアを活用して、研究や独自の取り組みなどを発信する活動が広がりつつあるようです。狙いはブランド力の向上で、受験生というよりは大学などに接点のない社会人を対象にしているようです。

30代から50代の社会人を対象にしており、企業などで働く人の大学のイメージを良くし、共同研究や人事交流を広げていきたいようですね。さらに、学生の採用活動にもプラスに働くことも狙いの一つにあるようです。

2.オウンドメディアとは

オウンドメディアとは、「企業などが直接自社の事業とは関係のない内容も含む多様なコンテンツを自ら企画、編集したウェブサイトなど」*1を指します。

広い意味では、「企業が運営するWebメディア」をオウンドメディアと呼ぶこともあるようですが、一般的には「企業が運営する宣伝をメインにしていないwebメディア」というのが普通の意味になっているようです。*2

3.どんなコンテンツがあるのか

コンテンツは学生によるものや、教職員によるものがあり、学生の場合は「~してみた」という体験談が、教職員の場合は研究成果のわかりやすい解説などがあるようです。

これまで、学術誌など狭いコミュニティに限られていた研究成果の発信がwebメディアでも可能になったともいえ、大学のオウンドメディアが広がっていけば、研究者でない人も気軽に学術研究の最新トレンドを追うことも可能になるかもしれません。

4.リスクはあるか

今回の取り組みは、将来的には、研究論文をSNSのいいねや引用数で評価する、オルトメトリクスにもつながる可能性を秘めている気がしますが、これにより、大学の研究が「SNSやwebでの評価」を気にするようになってしまうリスクもあります。

このような形での大学と社会とのつながりは、研究の在り方そのものが「学術的に意義があるか」、つまり、これまでの研究の課題を解決するものになっているのかということよりも、「直接何かの役に立つか」が重視されるようになるというリスクもあると思います。

つまり、応用研究が重視されるあまり、基礎研究がないがしろにされるという構図に拍車をかけることにつながる可能性は常に意識する必要があると考えます。

以上です。ありがとうございました。